マカオでの税関申告

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

つい最近なかなか面倒なニュースが発表されました。

 

 

マカオへの出入境の際、現金の持ち込み、持ち出し共に申告義務が今年の11月から義務付けされました。

 

 

今までマカオは、フリーポートとして知られ、現金等の申告義務が金額の大小に関わらず不要だっただけに面倒になります。

 

 

申告義務化の理由としては、マネーロンダリングやテロ資金封じ込めの国際規定に合わせる為とのこと。

 

 

11月からは12万パタカ(約165万円)以上の現金等の持ち出し、持ち込み共に申告する必要がございます。

 

 

無申告だと罰金(1,000~500,000パタカ)もあり得ますのでご注意ください。

 

 

きちっと申告すれば問題ないですし、弊社としても今まで通り安全に安心してマカオへ来て頂けるよう、万全の体制でサポートして参りますのでご安心ください。

 

それでは本日はこの辺で。

 

 

96

 


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

Macau fisherman’s wharf

Macau Fisherman’s Wharf is a 133,000m² park and the first-ever cultural, themed and creative attraction in the tourism industry of Macao.It is centrally located in the outer harbour and it is not purely a theme park, but also combines dining, shopping, entertainment, accommodation, convention and exhibition facilities in one single location which takes just a 5-minute walk from the Outer Harbour Ferry Terminal and Heliport.

Be it for business or pleasure, visitors are able to find a brand new experience in this entertainment complex.

澳門漁人碼頭是澳門首個主題文化創意娛樂旅遊綜合體。座落於外港新填海區海岸,佔地超過133,000平方米,集美食、購物、娛樂和主題公園、住宿及會展設施於一體,結合不同建築特色及中西文化,務求使遊客突破地域界限,體驗不同地區的特色。

carey~


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

新フェリーターミナル

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

マカオ駐在中のTaneです。

 

さて、今月1日に、ようやくタイパ新フェリーターミナルがオープンしました。

 

「タムチャイ (ハッウン) マァータァオ」って言います。(省略可)

 

 

さっそく見学に行きましたのでご紹介いたします。。。

 

広いエントランスエリア。

広いチケット窓口。

香港空港行便専用のチェックインカウンター

広すぎる!!!

マカオ空港よりも大きいような。。。

 

チェックインから、イミグレーションそして搭乗口までかなりあるとのことなので

 

前よりも少し時間に余裕を持ってきたほうが良いかもしれません。

 

使った人の情報によると、一応動く歩道はあるので快適にはなったとのこと。

 

そういう意味では、外港ターミナルはコンパクトで使いやすいですね。

 

今のところはまだ臨時ターミナル時代のスケジュールだそうですが

 

 

これからはどんどんこちら側に振り替えられる予感。

 

 

今後はマカオ空港とコネクションをして、マカオに入らずにトランジット可能になったり、

 

 

2019年にはマカオ発のライトレールとも接続され、便利になるんだと思います。

 

 

売店もないので、もう少し不便な状態は続きそうです。

 

 

ただ、これから次第ですので、新しい玄関口に大いに期待してます。

 

 

それでは、今日はこの辺で。

 

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

為替のお話

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

マニラに滞在中のO2でございます。

 

最近、円高ドル安が進行していますね。

年初と比較すると、5%くらい円高になっています。

 

弊社のお客様にとっては、円高になればなるほど、持ってくるJPYが少なくて済むので良いのですが、私の給料はHKDで支払われていますので、個人的には複雑な気分です。

 

まぁ、HKDのままで持ってるのでいいですけど…たぶん、HKDが暴落することはないでしょうから、CNYやPHPを持っているより安心です。

 

金融・経済の世界では、HKDは国際的に両替・流通可能なハード・カレンシーと呼ばれるのに対して、例えばCNY、MOP、PHPなどは国内の流通に限られるソフト・カレンシーと呼ばれます。

 

HKDがなぜハード・カレンシーと呼ばれるかというと、発行する際に、それに相当する額のUSDを準備しなければならないカレンシーボード制を採用しているからです。

 

要は、自分の預金残高の範囲内で小切手を振り出しているようなものなので、不渡りになることが無い(=信用度が高い)ということです。

 

対して、ソフト・カレンシーは、その国の裁量で発行しているので(準備金の裏付けがない場合がある)、国内の流通に限定され、国際的な信用度が低くなりがちなので、通貨政策をミスると一気に暴落する可能性があります。

 

なので、そのような国々(だいたいが発展途上国)は、自国通貨をUSDに連動させるドルペッグ制を採用して信用度を補完する場合が多いです。

 

USDと連動しているなら安心じゃんと思うかもしれませんが、ソフト・カレンシーの国がこれをやっていると暴落する危険がメッチャあります。

 

それの最たるものが20年くらい前に起こったアジア通貨危機です。

 

当時、アジアのほとんどの国々は発展途上国で、経済発展したいけどお金無いから、先進国がうちに投資してくれないかな~と思っていたわけです。

 

でも、経済基盤が弱く、政治も不安定なので、自国通貨が激しく変動する状況でした。

 

で、ドルペッグ制を採用して自国通貨をUSDに連動させて、自国通貨の安定を図り、海外からの投資を呼び込んだわけです。

 

だって、為替が激しく変動する国に投資したいと普通思わないでしょ?

 

そんなこんなで最初はうまくいっていて、みんなハッピー!だったのですが、アメリカが自国の経常赤字を解消するために、「強いドルにする!」とか言い出して、ドル高政策を始めちゃいました。

 

すると、ドルペッグ制を採用している国は自国通貨を買って、USD高と連動させないといけないわけです。

 

でも、元々お金が無い国々だから、通貨高を維持させるのは大変なわけです。

 

しかも、アメリカのドル高政策に従って、仕方なくやってるだけなので、自国の経済成長が伴ってない、要は財政は火の車状態だったのです。

 

つまり、実体経済に対して、通貨が過大評価されていた(正確には政府によって無理に買われていた)わけです。

 

で、株や不動産と同じように過大評価されているものは、いつか下がるわけです。

 

自然に下がるなら問題ないのですが、金融の世界には「空売り」という手段があって、自ら売りを仕掛けることもできます。

 

で、頭が良いというか、悪いこと考えるのはいつも欧米のヘッジファンドなのですが、「過大評価されている通貨に空売りを仕掛ければ大儲けできる。仮に失敗しても、ドルペッグ制を採用しているので通貨が上昇していき儲かる。どっちにしろ…….儲かる!」と閃いちゃったわけです。

 

で、「資金の潤沢な欧米ヘッジファンド VS 全然のお金が無いアジア諸国」の「売り VS 買い」の天下分け目の決戦が始まったわけです。

 

結果は、ヘッジファンドの圧勝。

 

これにより、タイ、インドネシア、韓国はパンクします。その他の国々も相当ダメージを受けました。

 

香港も、もちろんダメージを受けましたが、HKDを死守しました。なぜなら、冒頭で言ったようにカレンシーボード制を採用していたからです。ドル高に連動させて、HKDを買っていたのですが、あくまでも自己資金の範囲内でやっていたわけです。なので、他国と違い資金的に十分な余裕がありました。

 

ヘッジファンドはHKDを仕入れて(正確には他の金融機関からHKDを借りて)は売りを繰り返しているわけですが、香港政府がそれを全部買ったので、市場のHKDは品薄状態になります。

 

品薄になると、一般的にプレミアがついて、高い値段を払わないと手に入れられないわけです。IQOSとか嵐のライブチケットとかそうでしょ?

 

お金の貸し借りの場合は、金利ですよね。金融機関同士の場合は、翌日物(オーバーナイト)金利と言います。

 

その当時は300%以上に上昇しました。誰が借りるねん!

 

というわけで、ヘッジファンドは仕入れコストがかかり過ぎて儲からないので、撤退せざるを得なくなったわけで、HKDは死守され、香港に平和が訪れたのでした。めでたし、めでたし。

 

まぁ、ホントはこの後、アジア各国はこの通貨危機で受けたダメージのせいで、長引く不況に突入するわけですが、それはまた別のお話。

 

ちなみにその教訓から、現在はほとんどの国が、ドルペッグ制を廃止し、変動相場制に移行しているので、ご安心を。まぁ、安心かどうかはその国次第ですが…

 

香港は現在もドルペッグ制ですが、カレンシーボード制を採用しているので、私は信用しているというわけです。

 

皆様の中には、多数の外貨を保有されている方もいらっしゃるかもしれませんが、いつの間にか二束三文になってしまう可能性もありますので、ご注意を。

 

それでは本日はこのへんで。

 

Good Luck!!

 

 


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

バカラトーナメント!

バカラが大好きな 024 です(注:O2ではございません 024 です)

 

 

 

またまたオーストラリアのスターインターナショナル主催で

 

 

 

バカラトーナメントが開催されます!

 

 

 

賞金総額は$200,000!!!

 

 

 

7月1日(土)~3日(月)までスターゴールドコーストにて始まりますが

 

 

開催期間中にマニー パッキャオのタイトルマッチが組まれていたり、

 

 

 

その前の6月29日(木)には 賞金総額AUD47,000の

 

 

 

スターゴールドコーストゴルフトーナメントがあったりと

 

 

 

ゴールドコーストを最高に満喫できるかも(^^)

 

 

 

ゴルフして、

 

 

 

バカラトーナメントの予選通過して、

 

 

 

パッキャオの試合を見に行って、

 

 

 

バカラトーナメントを優勝!

 

 

 

てな具合になれば最高ですけど~!!!

 

 

 

興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください(^^)

 

024


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

ラーメン 山頭火@フィリピン・マニラ

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

山頭火というラーメン屋さんはご存知ですか?

 

 

只今、フィリピン出張中で、フィリピンに来ると必ず一度は行くラーメン屋^^

 

 

弊社契約カジノSolaireから近所のモールオブアジアの中にあります。

 

 

日本では一度しか行ったことないですが、これは日本と同じ味やと思います…たぶん。

 

 

ちなみにもう今回2回目^^;

 

 

ネットで店舗を検索してみると一度昔に行ったことのある大阪の心斎橋店はいつのまにか潰れてました…ラーメンじゃないけどいくら丼うまかったのになー…

 

 

ただ日本の店舗数より海外の店舗数の方が多い!!

 

 

海外で成功するなんてすごいですね^^

 

 

ほんでおいしい、フィリピンでラーメン食べたくなったらソレアから近いしオススメです!!

 

 

あと同じモールオブアジアの中にたこ焼き屋ができてました。

 

 

写真はまずそうにみえるけどまあまあ美味い!

 

 

マカオのたこ焼き屋は吐き出すレベルでまずいですがフィリピンのは割といける。

 

 

ありやわ!

 

 

でわ本日はこのへんで。

 

 

Have a nice day!!

 

 

96


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら