Wynn勝訴@マレーシア

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

日本に滞在中のO2でございます。

先日、マレーシアでWynnが勝訴したというニュースが報じられました。

何の裁判かというと、カジノのクレジット回収に関する裁判です。

カジノは、大口のカジノ客にクレジットラインを引く、要はお金を貸す場合があります。

今回のケースは、マレーシア人のファンドマネージャーが4,000万HKD(約5億5,000万円)をWynnMacauから借りて、返済していないという話です。

マカオでお金を借りたのに、本人はマレーシアに帰国してるので、なかなか回収できないわけです。

当然カジノは訴訟を起こすわけです。

今回のケースはお金の貸し借りなので民事訴訟ですね。

ただ難しいのが、2国間にまたがっているという点です。

通常、民事訴訟の場合、被告人の居住地で訴訟を起こすことになります。

つまり被告人の居住地の法律が適用されるわけです。

これは大問題で、もし被告人の居住地がカジノが無い国だった場合、賭博やゲーミングは違法となっている事が多く、カジノ側がクレジット回収についての裁判を起こしても、「賭博に関する契約」や「ゲーミングに関する契約」として無効になることが多いのです。

泣き寝入りですね。

しかし、今回は「金銭消費貸借契約」として裁判を起こし、勝訴したとの事です。

お金の貸し借り関する法律はどの国にもありますからね。

まあ、マレーシアにはカジノがありますので、Wynn側の助けになったことは間違いないでしょう。

被告人には、残額3,300万HKDの返済が命じられました。

トンズラして、踏み倒しはできないという事です。

やっぱり、お金借りてカジノしちゃダメですね。

それでは本日はこのへんで。

Good Luck!!


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

入場禁止@マカオ

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

マニラに滞在中のO2でございます。

先日、悲報が入って来ました。

マカオ議会で、カジノ及びジャンケット従業員の業務時間外のカジノへの入場禁止の法案が可決されました。

公務員と同様、旧正月3日間と研修等の特別な事由がない限り、業務時間外のカジノへの入場が禁止されるそうです。

公布から1年後に施行されるので、2020年1月か旧正月明けくらいからでしょうか。

残念ではありますが、個人的にはマカオ政府の方針には好感が持てます。

カジノというものが、外国人にお金を落とさせて自国民を潤わす経済システムである以上、自国民をカジノプレーヤーから排除するというのは、強引ではありますが、自国民を守るというスタンスがはっきり示されていて、素晴らしいと思います。

政府が、国民に対して、将来自分たちの生活を守ってくれる、保証してくれるという安心感を与えるのは責務ですからね。

もちろん将来の不安を与えている政府も多いのも事実ですが…….

果たして日本のカジノシステムはどのようになるのでしょうか。

それでは本日はこのへんで。

Good Luck!!


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

永宗島(ヨンジョンド)

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

仁川に滞在中のO2でございます。

 

皆様は、永宗島(ヨンジョンド)という島をご存知でしょうか?

 

という私も最近知りましたが、仁川空港がある島の事を永宗島(ヨンジョンド)と呼びます。

結構大きいでしょう。

 

ソウルまで電車で1時間くらいかかるのでちょっと離れていますが、地図で見ても大きい島です。

 

ここに昨年4月、パラダイス・シティがオープンしましたが、他にもカジノ開発計画があるのをご存知でしょうか?

 

①中国の不動産デベロッパーLong Runn International Groupが進めている「ダイヤモンド・シティ」。予算40億ドル超。

②米国のカジノオペレーターCaesars Entertainmentと中国のGuangzhou R&F Propertiesが進めているカジノリゾート施設。

③米国のMohegan Gaming and Entertainmentが2020年の開業を目指して進めている「インスパイア・プロジェクト」。

④フィリピンのBloomberry Resortsがカジノ建設用の土地を取得済み。

 

更に4つもカジノ建設計画があるんです。

 

具体的な計画自体は未発表のところも多いですが、2020年以降が非常に楽しみですね。

 

それでは本日はこのへんで。

 

Good Luck!!

 

 

 


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

Landing International

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

日本に帰国中のO2でございます。

 

皆様は「Landing International」という会社をご存知でしょうか?

済州島にある済州神話ワールドを運営している会社です。

 

弊社の取引先でもあるのですが、

なんと、8月の下旬に、そこの会長が失踪するという事件が起こり、未だ消息が掴めていないそうです。

 

大企業の会長が1ヶ月以上音信不通ってヤバすぎでしょ!

 

ちなみにこの会社、香港証券取引所に上場しているんですが、失踪発覚した8/23に株価5.79→3.76HKDへと35%も下落、翌日も3.76→3.15HKDへと16%下落して2日間で半値くらいになりました。

発行済株式数は約30億株なので、時価総額で言うと2,480億円→1,350億円へと1,130億円がたった2日間で失われました。

さらに先日10/2に未だ消息が掴めていないと発表して、29%下落。

この時は2.52→1.80HKDになり、300億が失われました。

 

たった2ヶ月間で、時価損額1/3になるって….

 

フィリピンでのIR計画もドゥテルテ大統領の一言で頓挫するし、非常に厳しい状況の様です。

 

先日、脱税で140億円の罰金になった女優と同じで、中国当局に捕まってるのではないかと想像してしまいますが、安否が気になるところです。

 

ただ、現場サイドは通常通りとの事で、ご希望のお客様がいましたら、現地担当者をご紹介可能です。

 

続報があったら、またご紹介します。

 

ちなみに本日の日経平均の暴落で失われたのは25兆円くらいです。

 

それでは、本日はこのへんで。

 

Good Luck!!

 

 


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

シンガポールの話

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

日本に帰国中のO2でございます。

 

先日、元マリーナ・ベイ・サンズの友人と話していると、何かの流れでシンガポールの話になりました。

「シンガポールってジャンケット禁止じゃん?

でも、中国人、インドネシア人、マレーシア人とかいっぱい来るけど、お金はどうやって持ってきてるん?

日本人は現金持出・持込できるから良いけどさ。」

 

「中国本土からカジノに直接送金できないから、基本的には現金持って来てるよ。出所不明だけど。

おそらくだけど、自国と現地の両替所を介して、自国でデポジットして、現地で現金受け取って、カジノに持って来てるんだよね。たぶん。知らんけど。

特に中国系は紹介が多いから、営業マンってかエージェントやブローカー使って、シンガポールに行きたい客捕まえてると思われ。

だから表向き両替所でやってる所もあれば、完全に個人でやってる所もあるよ。

手数料は片道10%くらい取るらしいけど、それでもその方法しかないから利用するしかないんだろうね」

 

「へぇ~、ジャンケット禁止でも結局誰かがその役割をやってるのか。違法だけど。てか片道10%とか鬼やな。往復20%やん。1,000万で200万、1億で2,000万とかどんだけボロい商売やねん」

 

「表向き両替所とか旅行代理店でやってるところもあるから、なかなか摘発できないのかもね。てか、中国人客が激減するから摘発しないで、わざと野放しにしてるのかもだけど」

 

「まぁ、現状アジア圏のカジノはみんな中国人客に支えられてるからしょうがないわな」

 

「てか、最近は日本から海外送金するのも厳しくなってるらしいね?」

 

「みたいね。メガバンクは分らんけど、地銀で海外送金しようとすると、過去の実績無ければ、まずストップかかるらしいからね。まぁ普通そうだけど。」

 

「だからかな、ちょっと前からビットコイン使えるの?ってめっちゃ聞かれるわ。使えないですけど、なんでそんな情報が?って聞いたら→「なんかセミナーやってて、カジノがビットコイン受入れるって言ってたよ」って言われた」

 

「絶対無いやろ。そりゃ仮想通貨なら簡単に世界中と取引できるけど、そもそも本人確認難しすぎて、カジノが不正送金やマネロン助長することになるから、今は絶対無理やろ。不正アクセスされて盗まれるリスクもあるし。」

 

「まぁだから悪い事考える人にとっては便利だから、流行してるんだろうし、各国が規制かけてるんだろうね。」

 

「とりあえずランドカジノが仮想通貨を受入れるのは当分先だから、自分が関わる事は無いわ。そもそも仮想通貨を信用してないし。オンラインカジノは受入れてるところいっぱいあるけど。」

 

「まぁ、お金の持出・持込の問題はカジノに付いて回る問題だからしょうがないよね」

 

みたいな話をビール飲みながら話してたので、最後の方は覚えてないです…..

 

20杯以上ビール飲んだのは覚えてる。会計、僕だったし涙

 

それでは本日はこのへんで。

 

Good Luck!!

 

 


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

税関申告

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

日本に帰国中のO2でございます。

 

先日、カジノ法案が成立した為か、弊社への新規の問合せが増えてきている今日この頃です。

新規のお客様が多くなっているせいか、最近よく聞かれるのが「税関申告」について。

特に渡航先でのお金の持込みと持出しですね。

 

今回は弊社のお客様がよく渡航される韓国、香港、マカオ、フィリピンについてご紹介しましょう。

下記の金額を持込・持出する場合には税関申告が必要です。

<韓国>1万USD以上

<香港>12万HKD以上(2018年7月より)

<マカオ>12万MOP以上(2017年11月より)

<フィリピン>1万USD以上

なんと香港では今年から申告義務化されました。

申告すれば1,000万だろうが1億だろうがいくら持ち込んでも大丈夫です。

で、基本的にトラブルが起きるのは持出しの時です。

持込んだ金額より増えていた場合、税関職員は「何で増えてん?」ってなるわけです。

「いやいや、こういう理由ですよ。はい、証明書」

「あ~、なるほどね~、OK」

っていう流れです。

 

韓国のように厳しい国では、所得の証明書が無いと課税されますし、最悪没収もありえます。申告しなかった為に税関でめっちゃ揉めたって話はよく聞きますね。

一方、マカオ、香港、フィリピンは、所得の証明書が無くてもOKな感じで緩いです。緩いって言っても、もちろん持出申告しないとアウトですよ。

 

ところで、申告はしたけど、税金はいつ取られるの? どこで払えばいいの?

って思ったことはありませんか?

 

実は日本はカジノがある国のほとんどと租税条約を結んでいます。

ざっくり言うと海外で所得を得た場合、現地と自国のどっちで払ってもいいよという条約です。

基本的に税金というのは、納税者の居住国で払うか、源泉国(所得を得た国)で払うかという問題になるのですが、カジノ業界では通例として、源泉国で課税せず、居住国で課税するという対応になっております。

カジノでキャッシュアウトする時に課税された人なんていませんよね?

だから日本で申告して税金を払うことになります。

 

ちなみスロットマシンは例外の場合があって、ジャックポットが当たったら源泉徴収されている場合があります。

韓国はたしか22%だったはず。

その場合は、入国管理局に行って、出入国証明書(要は自分は183日以上滞在していないから居住民じゃないよって証明書)を貰って、カジノに申請すると税金分が戻ってきます。

要は自分は現地の居住民じゃないよ、だから自分の国で税金払うから、源泉徴収した分返してねってことです。

基本的にちゃんと税関申告していればトラブルになることはありませんし、弊社もサポートさせて頂きます。

 

ですので、皆様、安心してお越しください。

 

それでは本日はこのへんで。

 

Good Luck!!

 

 


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら