パイガオポーカー

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

マニラに滞在中のO2でございます。

皆様はパイガオポーカーをご存知でしょうか?

ポーカーの1種で最近めっちゃハマっています。

起源は牌九(パイガオ)という中国のゲームです。

32枚のプレートを親と各プレーヤ―に4枚ずつ配り、それを上下2枚ずつに分けて手役の強さを競うゲームです。

それがポーカーと融合してトランプでできるよう考案されたのがパイガオポーカーです。

1デッキ52枚+ジョーカー1枚の53枚を使用します。

親と各プレーヤーに7枚ずつ配り、それを上2枚と下5枚に分けて手役の強さを競います。

この時、注意しなければいけないのは、下の手役が上の手役より強くなければならないという事です。

上2枚 < 下5枚 ですね。

ちなみにジョーカーはAもしくは、ストレートまたはフラッシュのワイルドカードとして扱われます。

♢2、♡2、ジョーカーでは3カードにはなりませんのでご注意を。

勝敗に関しては、上下両方勝って初めて勝利となります。

上勝ったけど、下負けたら引き分けです。

上記の写真ですと、上はQハイなので、2ペアに負けていますが、下はジョーカーを使ってストレートなので、相手のJペアに勝っているので、1勝1敗で引き分け。

逆に言えば、上下両方負けなければ、負けではありませんので、賭金が取られる事はありません。

ですので、クラップスみたいに長い時間ずっーと遊んでいられます。

私が確認している限りでは、RWMとオカダマニラにはパイガオポーカーのテーブルがありました。

また、最近は似たようなゲームのチャイニーズポーカーも流行っています。

これは1デッキ52枚を使用して、各プレーヤーに13枚ずつ配り、上から3-5-5で並べて手役を競うゲームです。

ちなみにこれはめっちゃ強い。

上から3カード、フルハウス、4カード。無敵。

皆様も次回お越しの際は遊んでみてはいかがでしょうか。

それでは本日はこのへんで。

Good Luck!!


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

マカオは快適に!

バカラが大好きな 024 です(注:O2ではございません 024 です)

  

 

先日、お客様とご一緒した際にマカオの話題になり

 

 

最近、マカオによく行ってて

 

 

香港からマカオへの移動手段はもっぱらリモだと!

 

 

以前はフェリーでのマカオ入りが嫌でマカオの選択肢はなかったと!

 

マカオに関して、

 

 

お客様からよく言われるのは直行便は機材が悪い!

 

 

香港経由はフェリーが面倒!

 

 

この2つは本当によく言われてました^^;

 

 

香港からマカオ入りする場合、

 

 

港珠澳大橋が出来る前まではヘリコプターでいらっしゃる方もいましたが

 

基本はフェリーでマカオ入りでした^^

 

 

港珠澳大橋が開通してからはシャトルバスでマカオ入り出来るようになり

 

 

今では指定の車でも通行できるようになっています^^

 

 

移動手段の選択肢も増えて来やすくなっているのは間違いないですね!

 

 

リモに関して、

 

 

前もっての予約は必要になりますがリモでの香港〜マカオ間はかなり楽みたいですね〜

 

 

コタイ地区のカジノホテルまで1時間ちょいで行けるのですから!!!

 

 

さぞ快適でしょうね〜

 

024


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

日本食・京兎@マニラ

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

海外でも日本食は人気ですが、なかなか本格的な日本食に出会うのは難しいと思います。

 

 

ということで、今回はマニラの日本懐石料理をご紹介!!

 

先日マニラ一と噂の日本懐石料理、京兔にO2Tに連れて行ってもらいました!

 

評判通りで、外観内装も本格的に日本でした。(写真撮り忘れましたが…)

料理は撮ったので是非見ていただければ幸い!!

では

一品目、カニ!はい、美味い!

二品目!蛤!まぁうまい!

三品目!刺身!マグロ美味い!

4品目!鯖のにゅう麺!優しい!

5品目!あなごの天ぷら!カレー塩がまた良い!

6品目!焼魚!うまっ!

7品目!肉!3150!!

デザートも美味し!

食レポはともかく全てのお料理が美味しかったです!

是非マニラに来られた際はマカティエリアにあるので買い物の後とかに

行ってみてはいかがでしょうか。

 

京兔

117-119 Don Carlos Palanca, Legaspi Villege, Makati, 1229

TEL:(02)-805-7743

PM5:00-PM10:00 月曜定休

完全予約制。コースのみ。

 

 

それではHave a nice day!!

96


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

マニラのタピオカ屋さん

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

マニラ滞在中のEです。

今回は日本でも大人気のタピオカについてご紹介します!

台湾発祥のタピオカドリンクは

今や日本だけでなくマカオやマニラなど

アジアでは大ブームが起こっています。

有名なお店といえば「Gong cha」と「Cha time」でしょうか。

オカダマニラの中にある「Cha time」は

いつも行列ができています。

そして、マニラに面白いタピオカ屋さんがあるそうです!

それがこちら

「BOBAISM」

仏様×タピオカ(゜o゜;!?

メニューの一部です。

マカティの巨大ショッピングモール

グリーンベルトにあります!

インスタ映え間違いなしヽ(^o^)丿☆

タピオカ屋さんはたくさんあるので

ぜひお気に入りを探してみてください(^^)


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

The 33rd National Lotus Flowers Exhibition and the 19th Macao Lotus Flower Festival

第三十三屆全國荷花展覽暨第十九屆澳門荷花節”展期由6月3日至16日,設有兩個主要展覽場地,主展場在氹仔龍環葡韻將以“大唐盛世”為主題,配以主題花“濠江情”和其他花卉,整體設計上呈現大唐盛世的輝煌氣勢,帶遊客穿梭其中,與不同的荷花仙子相會。

 “The 33rd National Lotus Flowers Exhibition and the 19th Macao Lotus Flower Festival” will be held from 3 to 16 June. There will be two major exhibition venues. The principal venue will be in Avenida da Praia in Taipa. On the theme of “Splendours of the Tang Dynasty”, the overall design will use the theme flower ‘Haojiang Qing’ (Nelumbo nucifera cv. ‘Haojiang Qing’) and other flowers to showcase the splendours of the great era of the Tang Dynasty, bringing the visitors to meet the lotus fairies.

第二展場在澳門塔石廣場,展出中國各省、巿合共26個荷花特色展區,帶來中國各地的風土人情特色。除展區外,全澳各地將擺設約13,000盆盆荷,同時舉行一系列活動,以弘揚荷花文化。活動包括“歷屆全國荷花展覽回顧圖文展”、花藝展、攝影展、荷文化展覽、各類比賽、工作坊等,藉此讓喜愛荷花的人仕與荷花相聚濠江,熱烈歡慶。

The second venue will be in Tap Seac Square in Macao and there will be 26distinctive exhibition areas of lotus from provinces and cities in China, which feature the customs and characteristics of different regions in China. In addition to the exhibition areas, there will be over 13,000 potted lotus displayed across Macao, along with a series of activities to promote the lotus culture. The activities will include “Retrospective Exhibition on the Past National Lotus Flowers Exhibitions”, floral art exhibition, photography exhibition, lotus culture exhibition, competitions of various kinds, workshops, etc. This event will allow those who like lotus flowers to appreciate them in Macao and celebrate the festival.

Resources:https://nature.iam.gov.mo/lotus2019/c/default


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

マカオのギャンブラー禁忌とマスコット

皆さん、こんにちは。MIです。今回マカオカジノにおける神秘的な特殊行為を紹介します。玄学と関係がありますが、この文章は娯楽性的に紹介しています。

ギャンブルは、金銭の損得にかかわるものですから、必然的に関連する特殊な行為が発生します。アジアの博徒はもちろん迷信に従って、近代から世界中の博徒の間でも流行しています。「風水」を除いて(これはかなり不思議な学問がカジノの建築者と経営者によって研究されています)、博徒の行為は自分に対する不利益を解消したり、不利を回避するために使われます。

五行禁忌

五行の相生相克の関係を運用して、対応する色と方向を関連させて、カジノに持ち込みます。

金、白、西

木、青、東

土、黄色、中位

水、黒、北

火、赤、南

五行の相生相克

運命理学を通じて、自分の五行を知ることができます。風水学を通じて、カジノの五行を知ることができます。例えば、命が木である人はサンズカジノ(金五行)に行かない方が良さそうです。逆に木のリスボアの方がいい。自分の五行によってある方位のカジノに行くこともできます。服の色もこれによって選択できます。

リスボアカジノ

マスコット

アメリカの「ナショナルジオグラフィック」番組の短編で、ギャンブラーが赤い下着に愛顧しているのは、赤が利益の意味を表しているからだと言われています。多くのギャンブラーは自分専用の幸運物もあります。カジノに入るたびにいつも持ちます。

もう一つの面白い現象は「ディーラー追い」と言いう行為です。ギャンブラーは特別なディーラーのテーブルにお金を稼ぐと信じています。

もちろん、すべてが個人の運だと信じているギャンブラーもいます。滑稽な風水や迷信とは関係がないと思われます。運も宿命論という反論もありますけど。

これらは歴史的に長い沈殿の結果であり、人々の潜在意識の中に存在する伝統的な思想が働いていることは間違いありません。「老子」の第五十七章が言っているように、「それ天下に忌諱多くして、民弥々貧し」。

ギャラクシーカジノ平場平面図形

以上です。


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら