ブラックフライデー in 中国

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

日本に滞在中のO2でございます。

 

皆様は「ブラックフライデー」と聞いて、何を思い浮かべますか?

 

アメリカの感謝祭の大バーゲンセール?

株価大暴落? それはブラックマンデー。大昔ならブラックサーズデー。

 

ことポーカー界において、これは悲劇の日として語られています。

2011年4月15日金曜日、アメリカで、FBIによって3大オンラインポーカーサイトが閉鎖されました。

 

要はオンラインポーカー禁止です。

 

閉鎖されたのは、ポーカースターズ、フルティルトポーカー、アブソリュートポーカーでした。

 

2003年以降の爆発的なポーカーブームに水を差す事件で、沢山のポーカープレーヤーが大きなダメージを受けました。

 

ちなみに2003年にというのは、クリス・マニーメーカー(Chris Moneymaker)という一般人が数々のプロプレーヤーを倒し、WSOP(World Series Of Poker)というポーカー界で最も権威あるトーナメントで優勝した年です。

 

Moneymakerって名前からしてインパクトありすぎですが、彼は40ドルの予選から本選に勝ち上がって250万ドルを獲得したことで、アメリカンドリームとしてポーカーブームの火付け役となりました。

 

と昔話はここまでにして、未来の話をしましょう。

 

なんと同じブラックフライデーが中国で起きようとしています。というか、先日発表されました。

 

2018年6月1日より中国において、ポーカーアプリはすべて禁止され、ポーカーの宣伝も禁止というものです。

 

昨今の中国のポーカーブームに水を差す出来事と言わざるを得ません。

 

気軽にできるオンラインポーカーが禁止される事で、ポーカー人口の拡大は緩やかになると思われますが、ポーカーそのものが見向きもされなくなるということはないでしょう。

 

アメリカのブラックフライデーの時もそうだったように、多くのプレーヤーがライブポーカーに流れるのではないかと予想されています。

 

ですので、中国から近いマカオ、フィリピン、韓国等のカジノでは、ポーカーテーブルが増えていくかもしれませんね。

 

と思ったら、マカオでは、ポーカースターズとCODとの契約が終了し、ポーカールームが閉鎖になったり、Galaxyのポーカールームも閉鎖になるようです。

 

ネガティブなニュースばっかりですが、どうなっていくか見守っていきましょう。

 

それでは本日はこのへんで。

 

Good Luck!!

 

 

 


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

*