マカオの質屋産業

みなさまこんにちは、韓国滞在中のMIです。今度、マカオの質屋産業を紹介させて頂きます。

マカオのニューロードと呼ばれる大通りには、マカオ歴史の代表として、1917年に質屋に再建された展示ホールがあります。それはマカオの質屋産業の歴史の繁栄を表しています。

マカオの質屋の役割は主に4つあり、ギャンブラーの質入れ、商品販売、銀行カードでの取引、そして中国本土の闇銭荘に関係することです。

「1ギャンブルと1質入れ」というフレーズは、カジノの隣に質屋がなければならないという意味です。通常、営業者はカジノと質屋の両方を持っています。質屋のマークは「コウモリはお金を咥える」という意味を示しています。2004年にはマカオに約60の質屋があり、2010年には200を超えました。 マカオでは、質屋の事業税が免除されおり、また、マカオ典当商工会議所に年間1,200元(約2万円)の会費を払うだけです。

質屋ビジネスをする際には、ダイヤなどの宝石類、金銀製品、腕時計、金のペン、携帯電話などについて学ぶ必要があります。 能力を得るまでに、6年から7年を必要とします。ギャンブラーは応募できません。そして保証人も必要です。

1990年以来、質屋は主に高級な新品の販売に従事してきました。 中古品だけを販売する質屋は、間違いなく倒産します。 商品の供給源は香港、台湾、日本、ヨーロッパ、そしてアメリカです。 通常、外国人客は高級宝石類を買い、質屋に箱を残して、直接関税を避けるために商品を取ります。 取引するとき、司法警察局に発行される専門票を使わなければなりません。 通常3ヶ月が償還期間であり、現在の質屋は1ヶ月延長されます。ですから、4ヶ月引き換えられなければ、質屋の販売商品になります。

司法警察局に発行される専門票

マカオ質屋では、高級な腕時計の典当率(もらえるお金/原価)は最大70%で、他の商品通常50%です。しかし、状況によって率が違う場合も多いです。質屋で40,000元(65万円)しか受け取れなかった20万元(350万円)のジャガー・ルクルトの時計を見たこともあります。 利息は一般的に15%から20%であり、Oceanus casinoに近い質屋の一つは10%程度、低いです。

以前の質屋のビジネスリスクは主に強盗でした。現在は偽物と盗品物です。特に宝石類は、身分証明書があっても偽物かもしれません。盗品物について、警察が来た後、質屋は補償なしで所有者に返し、質屋は損失を被ります。 (香港の法律は質屋と物の持ち主の半分です。)

質屋とマネーロンダリングの関係は不明だと思われます。顧客はカードを使い、手数料を支払い、購入した商品を現金で顧客の別のクレジットカードに振り込んで、プロセス全体はマネーロンダリングとは関係ありません。しかし、質屋の言う通り、客は損失が多く、店の評判が非常に重要です。そして10万香港ドル以上の場合、身分証を確認することが法律で決まっており、政府の厳密な監督下では、違法行為はほとんどありません。質屋にとって最も有益なのは、カードでの現金引出しです。為替差を稼ぐためです。これは、マネーロンダリングではなく一般的な現金引取手続きだと言われています。

色々な質屋さん

以上です。


NINE&PICTURE'S ホームページ はこちら 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

*